Jリーグと世界の差はパススピード

パス

スペインのリーガエスパニョーラやイングランドのプレミアリーグ、ドイツのブンデスリーガ、イタリアのセリエAなど世界を代表するようなプロサッカーリーグとJリーグとではまだまだ大きな実力差を感じざるをえません。中でもシュート精度やパス精度に関しては間違いなく大きな差があると思います。世界を代表するようなサッカークラブの試合を見ればそれは明らかで、Jリーグの試合では枠内シュート数も少ないうえに決定力の低さも感じます。

また、パスに関してはスピード、精度、想像力といずれも劣っていると感じてしまう方も多いはずです。世界トップクラスのサッカークラブというのは、相手守備陣を崩すためにダイレクトやワンタッチでボールを繋げて素早くゴール前に入り込んで得点を挙げるチームがほとんどです。しかし、Jリーグの選手はボールを受けてからパスの出しどころを探すことが多いためボールを素早く回せず、ボールを長く持ち続けた結果、相手守備陣にプレスをかけられボールを取られてしまうことが多いのです。

ただ、海外からJリーグにやって来た外国人選手が、日本人選手は練習では世界で通用するくらいの素晴らしいプレーを見せるのに試合では全くそれができないと言うことがよくあります。サッカーに関する技術の高さは実証されているので、あとはいかにメンタル面を鍛えて激しいプレッシャーの中でも本来の実力を出すことができるかが、今後のJリーグ全体のレベルを押し上げるための鍵になると思います。

ヘディング

Jリーグと世界レベル 壁はオフェンス

オフェンス

Jリーグが世界レベルに近づくためには、オフェンスが鍵と言われています。オフェンスとは攻撃のことですが、Jリーグの選手の多くは、シュートチャンスの場面でもシュートを打たないことが少なくありません。力強いシュートを打ち込むために、しっかりとした体勢を整えることも重要ですが、一流レベルではそうそうチャンスは巡ってきません。

一方海外のサッカー選手は、トップチームやサテライト等に関係なく、シュートが打てる位置ではすかさずトライします。子供の頃からゴールが見えたらシュートを打つよう教わるためで、そこには意識の違いが存在します。

Jリーグの選手と海外の一流選手とでは、ボールを取りに行く時の一歩目の速さにも、僅かな違いが見られます。反応スピードの違いは、仮にその差がほんの僅かな差であったとしても、試合に及ぼす影響は計り知れません。

普段のトレーニングにより瞬発力を鍛えることは可能ですが、試合中にその能力を発揮するには、試合の中で鍛える必要があります。このため、Jリーグが世界レベルに近づくためには、瞬発力のための基礎的なトレーニングに時間を費やすだけではなく、試合形式の練習にどれだけ時間を費やすことができるかがポイントとなります。

シュート

MenuNavi